初霜
USER0388

アオシマ社「初霜」 

これで、我が鎮守府も巡洋艦1隻、駆逐艦3隻となりました(`・ω・´)ゞ

(゚⊿゚)ナニイッテンダ?

ウォーターラインシリーズから離脱したフジミは、ある意味好き勝手に商品をリリース出来て、独自の商品価値を確立(とにかくディティールが細かい)してるのに対して、 タミヤ、アオシマ、ハセガワの3社共同のウオーターラインシリーズでは、売れ筋でない商品には余りコストが掛けれないのか、商品によってはかなり(´・ω・`)ショボーンとなるモノもある・・・

が、この「初霜」はフジミに負けず劣らず細かなディティールで作りごたえもバッチリ!
で、製作中に感じたのですが、先の「雪風」「浦風」よりも作りやすく感じました

フジミのは
「何も、こんな所まで、分割せんでも・・・」
と、感じる所があったのですが、アオシマのは、程々に分割されていて組み易く、塗り分けもラクでいて、それでいてディティールもクッキリ!
ま、コレに関しては「雪風」「浦風」と「初霜」を比較しただけでなので、他のフジミ・アオシマのキットを比較したら感想は変わるとは思われますが、この「初霜」は組み易い上にディティールもクッキリと非常にオヌヌメな商品です!

ただし、日章旗のデカールだけは死んでいたのか、5分漬け込んでいても剥がれる様子もなく、終いには
「これは、普通のシールの様に手で剥がすのか?」
って思う程に、にっちもさっちも行かない状態でしたwww
仕方ないので台座ごと無理矢理貼り付けましたwww
艦艇名の「モシツハ」は全然問題なかったですけどね

後、主砲の砲塔に砲身を組み付けると、2本の砲身が真ん中に寄って、砲身同士がくっ付く状況になるので、砲身が平行になる様に加工しましょう!




 駆逐艦「雪風」「浦風」 : アリアカンパニー業務連絡